smartphone menu

HOME > DIARY > アメリカンユートピア

2021/06/30 (水)

映画

アメリカンユートピア

 

9A5C1DB1-8C49-44BC-9EE3-E14A31E53B9E

 

 

音楽がかっこ良さそう、

というだけで観に行ったこの作品。

 

もう、とにかくよかった!!!

しびれました。

 

リサーチし無さすぎたせいで

ストーリーのある映画だと思っていたのが

実際のブロードウェイのショー舞台を

再構成して映像化したものだと途中で気づき、

それでも観客の熱気と舞台に立つアーティストたちのライブ感を

映画館のスクリーンと音響で見れたのは良かった。

 

白髪のおじさんデビッドバーンと

若い多人種の演奏者が繰り広げる舞台。

 

冒頭、プラスティックの脳を持ったバーンが登場し、

人間の脳の進化について語り始める。

「人間の脳は成長と共に衰えていく」。

そんな衝撃な研究結果について話を始めるバーン。

今回のショーを通じて、

彼は現代のさまざまな問題について問いかける。

コミュニケーションの大切さ、選挙の重要性、人種問題……。

混迷の時代を生きる現代人の意識をゆさぶる物語が語られていく。

 

おじさんなのに(失礼)響き渡る歌声とキレのあるダンス。

あのライブを生で見れた人たちがこころから羨ましい。

ダンサーもめっちゃ良かったー。見惚れてしまいました。

 

わたしがこのアーティストを知らなかっただけで、

すごく有名な人のよう。

トッチはさらりと知ってました。

 

知ってても知らなくても、

少し興味を持てたら楽しめる映画です。

 

 

acha

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ