smartphone menu

HOME > DIARY > 香川

2022/05/20 (金)

香川県 豊島(てしま)へ

 8A476279-DF34-4D0F-83C6-57033430CEAA

以前訪れたのは12年前

そんな時間が経っていたとは…

やっぱり!?と言いますか

あんまり記憶にないところも多々ありました(笑)

 

 E9813C95-555D-4ED6-82B0-C397EDD3C3C2

レンタサイクルして島内を周りました

久しぶりに乗る自転車(普段は車移動ばっかりなので)

この日は曇り空で少しヒンヤリしましたが

それでも自然の中を駆け抜けるのは楽しかったです

いろんなお店や作品を見て

島キッチンさんでランチをいただき

IMG_9629

 

 

BB18F445-CCBC-4FC3-880F-C22838E19BCF

D7904F8A-2496-4715-9D62-1E7679BB993B

お目当の豊島美術館はやっぱり素晴らしかったです

以下HPより***

瀬戸内海を望む豊島唐櫃(からと)の小高い丘に建設されるアーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による「豊島美術館」。

休耕田となっていた棚田を地元住民とともに再生させ、その広大な敷地の一角に、水滴のような形をした建物が据えられました。

広さ約40×60m、最高高さ4.3mの空間に柱が1本もないコンクリート・シェル構造で、

天井にある2箇所の開口部から、周囲の風、音、光を内部に直接取り込み、自然と建物が呼応する有機的な空間です。

内部空間では、一日を通して「泉」が誕生します。

その風景は、季節の移り変わりや時間の流れとともに、無限の表情を伝えます。

***

 

そうなんです

建物自体がアート作品

館内に何か作品が展示されている訳ではありません

 

来られた方も

「え!?これが作品??」と驚かれている方もいました

館内はとても音が響くので

大きな声を出さないようになど 事前に注意事項を説明されるのですが

静かに空を眺め、泉へと続く水滴を眺め

じーっと座り込んで過ごす人

みんな思い思いに過ごしその空間を体感する

不思議な感覚に陥る美術館です

7A54F9C1-C797-42E9-AC95-C18CB7DB5246

 

BD237287-6E05-4E12-86CA-F0A54BFF5B3A

 

0F4F5446-0C8B-44DB-9DB0-19F05BCEAD90

 

 香川といえばやっぱり”うどん”

お客様との会話の中で「香川県に行ってきました」と言うと

決まって「うどん?」と答えが返ってきます(笑)

今回は2日間で3軒行ってきました

僕らみたいな観光客はもちろんですが

地元の方も朝から食べに来られている方や

パンを買いに来るように麺を買い求めに来る方もいて

うどんが文化として根付いていることがよく分かりました

 

IMG_9653

 

IMG_9656

 

IMG_9683

 

IMG_9680

 

0E31699A-DF28-4EDC-A226-DF3B68A76EFE

 

 

7D60D6F0-2296-49A1-B3F3-EFFF960F834E

 

IMG_9718 

ほんとお店によって特徴がありどこも美味しいですね〜

 

 IMG_9685

 四国水族館にも初めて行って

IMG_9699

ペンギンやアザラシ、アシカのモグモグタイムを見たり

イルカショーも見ました

A0F24EBF-E722-46D3-8F58-9612D59E0730

 

IMG_9710

 

IMG_9708

小さなお子様や僕らぐらいの大人にはちょうどいい規模でした

 

IMG_9703

 

 

 

お客様からも他にも美味しいお店を教えて頂けたり

行ってみたかったのにたまたまお休みだったお店もあるので

また機会を作って香川に遊びに行きたいと思います

 

tocchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ