smartphone menu

HOME > Rackas図書室 > Rackas図書

2010/05/15 (土)

これから

Rackasにある本を少しずつご紹介していこうと思います

 

今回は

「谷川俊太郎 質問箱」です

 

この本は

「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された

「谷川俊太郎 質問箱」がもとになってできています

 

その名の通り

様々な人からの質問に谷川さんが答えていく

という内容です

本の中から一つ

 

質問

小学校は国語算数理科社会。

新たに一教科加えるとしたら、

どんなものがいいでしょうか?

(わいおー 二十四歳)

 

谷川さんの答

「ノンジャンル」という教科を加えるのはどうかなぁ。

この教科は教科書がないのね。

そんでもって、担任の教師が

何か教えるものを自分で考える。

たとえば「紙飛行機の作りかた」とか「野口体操」とか

「神様のいろいろ」とか「スワヒリ語の初歩」とか

「上手ないじめられかた」とか...

 

というように谷川さんなりの視点で答えてくれます

 

普段から 自分が上手じゃないだけに インタビューの受け答えや

人の返しを聞く事が好きなのですが

この本でも 年齢も様々な人からの質問に対して

多角的に答えられる谷川さんが素敵です

 

こういった柔軟な考えができるので

目上の方を敬うんだなと思いました

 

Tocchi

コメント

  1. sige より:

    図書室いいですね〜!!
    今度おじゃましよっと〜♪

  2. rackas より:

    sigeさん>コメントありがとうございます。
    いつでも図書室来てくださいね☆
    このコーナーも続けられるように頑張ります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ