smartphone menu

HOME > DIARY > ん〜どうでしょう

2011/04/30 (土)

Rackasにも置いてあります漫画

”宇宙兄弟”


Rackasでも人気のこの漫画が

実写映画化されます


しかーし!

約一ヶ月前のモーニングの表紙を観て

愕然としたのはきっと僕だけでは無いはず

 

ん〜どうでしょう

日々人はまだ分かるとして

六太はちょっと…

男前で攻めてヒットさせたい気持ちも分かりますがね〜

 

もし僕にキャスティングさせていただけるなら

 

例えば.

大泉洋さん

おふざけもできますし どうでしょう

強いて言えば日々人と年齢が少し離れ過ぎ!?

 

あえて男前でいきたい

というのであれば

桐谷健太さんでどうでしょう

 

僕に一声かけてくれたらよかったのに

 

Tocchi

コメント

  1. Takanori より:

    もしTocchiに六太役のオファーがきたら、それは大役ですから、きっとTocchiは遠慮しそうかも。

    なので、そんなTocchiには、「自分にはケーキ一切れ分の価値しかありません」と言う意味のこの言葉で六太役のオファーに答えてください!

    「it’s a piece of cake!」

  2. N より:

    どうも~。

    こないだもこの話題で盛り上がりましたが
    Tocchiさんの案に賛成です。

    色々と見てみると
    監督さんは桐谷健太さんと仕事してるんですねぇ。

  3. fleece ono より:

    ほんとそのとおり!!!
    力を入れて同意いたします!!!!

  4. sige より:

    なんでもかんでもですね…
    ホント笑けますけどね…(爆)

  5. rackas より:

    Takanoriくん>人生一度きりですもんね!
    思い切って受けてみます!楽勝です!!

  6. rackas より:

    Nさん>そうですね!宇宙兄弟を読まれている他のお客様にもこの話題をしてみたら、皆さん賛成していただけますよ。
    監督さんも一緒に仕事をしたことがあれば「桐谷さんで!」となっても良さそうなんですが…。何か別の力がはたらいているんでしょうか。

  7. rackas より:

    fleece onoさん>ありがとうございます。お互い漫画好き同士としては、漫画の映画化もオッケーですが原作の世界感だけは壊さないようにお願いしたいものですよね!

  8. rackas より:

    sigeさん>ぼくも見たときは「マジか!?」と叫んでしまいました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ